夜廻と深夜廻は面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた【スイッチ】

夜廻と深夜廻は面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた【スイッチ】

夜廻と深夜廻の評判・感想・意見

みんなの評価

下記の「Create your own review」ボタンをクリックして、好きにレビューを書き込んでください。
閲覧する皆さんの参考になります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

TunaTopics
Average rating:  
 0 reviews

おもしろい・神ゲーなどの高評価な意見

夜廻シリーズは、怖いというよりストーリーが切なくて心が苦しくなるような感じがする…。そういうところが好きだなぁ……。あと毎回エンディング曲(?)が神!!次回作があるかどうかわからないけど、期待してます!

Youtube

このシリーズの音楽大好き。
なんか、言葉では表現出来ないけど
このゲームに出会えて良かったなぁ
ということだけは言える。

Youtube

switchであの名作が来るのか!?
素晴らしい!何て素晴らしい事なんだ!
switchしか持ってない人も居るだろうから
そんな人達にも是非ともこの感動を、
底知れぬ恐怖を感じて欲しいですな!

Youtube

つまらない・クソゲー・怖いなどの低評価な意見

もうタイトルの通りです。

vitaで両方購入してるけど2本とも好きだったのでまた購入しましたが、定価で7500円ほどと高すぎだと思います。
日本一のタイトル好きで良く買ってますが、最近は値段と内容が釣り合ってないのが多い気がする。
夜廻も深夜廻もゲームとしては好きだけど、プレイ時間もそんなに長くないし一本あたり2500円くらいかなぁ…って感じ。

あとこの値段で出すなら、深夜廻の限定セットについてたサントラとかつけてほしかった。
日本一は初回でサントラついてることが多くて好きだったのですが最近はついてないのも多く、定価も高くて割高感があり、発売日に買わなくても中古で安くなってからで良いかな…というのも増えてきました。
夜廻のサントラも普通に売ってくれたら良いのに、普通に販売もしてくれないからCDは現物派の自分は夜廻とかのサントラ買うのはプレミア価格出さないとだしやってらんない…

ディスガイアといい最近どうしたんだろう日本一。
日本一というメーカーが好きで新規タイトルも色々買ってたけど、最近ほんと買う気が無くなってきてる。

とは言え、このゲームの雰囲気は他に代えがたいものがあると思うので、値段を気にしない&新規でやる方は★4くらいのゲームだと思います。

Amazon

まとめ

かなり根強いファンが多い作品のですね。
実際にプレイしてみたいと思いました。

夜廻と深夜廻とは?基本情報まとめ

深夜廻
YOMAWARI: Midnight Shadows
ジャンル 夜道探索アクション
対応機種 PlayStation 4
PlayStation Vita
PlayStation Vita TV対応
Microsoft Windows(Steam)
iOS 9以上/Android 4.4以上
発売元 日本の旗 日本一ソフトウェア
台湾の旗香港の旗セガゲームス[1] アメリカ合衆国の旗 NIS America
人数 1人
メディア [PS4] BD-ROM
[PS Vita] PS Vitaカード
[共通] ダウンロード専売
発売日 [PS4/PS Vita] 日本の旗台湾の旗香港の旗2017年8月24日
アメリカ合衆国の旗 2017年10月25日
[PC]世界の旗 2017年10月25日
[iOS/Android] 2018年配信予定
対象年齢 CERO:C(15才以上対象)
ESRB:M(17歳以上)
USK:12(12歳未満提供禁止)
ACB:M
コンテンツ
アイコン [CERO]暴力、言葉・その他、恐怖
[ESRB]Blood and Gore,Violence
[ACB]Mature themes and horror violence
テンプレートを表示
『深夜廻』(しんよまわり)は、日本一ソフトウェアより2017年8月24日に発売されたPlayStation 4及びPlayStation Vita用ゲームソフト。

2015年にリリースされたホラーゲーム『夜廻』の続編。海外版は『Yomawari: Midnight Shadows』のタイトルで2017年10月25日にPS4/PS Vita及びMicrosoft Windows(Steam)用ソフトとして発売した。2018年10月25日(海外版では10月26日・30日)には前作とのセットである『夜廻と深夜廻 for Nintendo Switch(YOMAWARI: The Long Night Collection)』が発売予定[2]。前作同様、初のスマホゲーム化したiOS及びAndroidに2018年配信予定。

海外版のレーティングは、アメリカ・カナダのESRBでは前作の「T(13歳以上)」(Blood)に対し、今作では大きな流血や残虐描写が存在するため「M(17歳以上)」(Blood and Gore)となっている他、台湾のGSRRでは「限制級(18歳以上)」となっている。

Wikipedia

発売日 2018年10月25日
ジャンル 夜道探索アクション
発売元 日本一ソフトウェア
公式 任天堂

ゲームの評判カテゴリの最新記事