SOULCALIBUR VIは面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

SOULCALIBUR VIは面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

SOULCALIBUR VIの評判・感想・意見

みんなの評価

下記の「Create your own review」ボタンをクリックして、好きにレビューを書き込んでください。
閲覧する皆さんの参考になります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

TunaTopics
Average rating:  
 0 reviews

おもしろい・神ゲーなどの高評価の意見

あまり知識がなくても、キャラをスムーズに動かしコンボが簡単に出せるようになってて、初心者にも優しい格闘ゲームになっています。コマンドやコンボを覚えるのが苦手だけど格闘ゲームをやってみたい、という人にも最適かと思います。

エフェクトがちょっと演出過多すぎて目障りに感じる人もいるかもですが、バトルシステムは前作よりも面白くなっていると個人的には思います。オンラインの方も概ね良好ですが、初心者部屋でも強い人がけっこう居ます…
オンラインの部屋に好きな名前が付けられなくなって、そこが少々不便でしょうか。もう少しオンラインのシステム周りは充実させてほしい所。

少し残念なのは「キャラクタークリエイト」の方です。
まず自分の作ったオリジナルキャラの名前に「日本語」が使えません、キャラクリに関しては前作より大きく変わってなく、むしろ退化してしまった印象です。5の有料DLCパーツが何種類か入っていますが、いかんせん使えるパーツが本当に少ないです。キャラクリ目当てな人には残念な感じ。
これからDLCなどで増えていけば良いのですが…現状のままだとキャラクリ関連の方は飽きが早いと思います

ゲーム自体は初心者から上級者まで、それなりにキッチリ楽しめるようになっていますのでお薦めです、アップデート等で足りない所を改善していってほしいですね。格闘ゲーム冬の時代ですが負けずに頑張ってほしいと願っています

Amazon

過去シリーズは全く遊んだことはないのですが、友人が気に入っていたので、Steam版ですが買ってみました。似た作品では、鉄拳7(steam)、ポッ拳(switch)を遊んでいました。

武器を使った対戦とカスタムキャラを作れるのがとても楽しいです。半分ぐらいの時間をキャラメイクに使って、半分ぐらいはオンライン対戦で遊んでいます。

ゲームパッドのほうがいいのかもしれませんが、アケコンを持っているので、それで遊んでいます。アケコンは、MayFlashのF300 Eliteを使っていて、お薦めです。三和パーツで、複数の現行機種に対応しています。

あまり上手でないのですが、キャラメイクなどで長く遊べそうです。漫画、アニメ、他のゲームのキャラクターなど、工夫すればそれなりに雰囲気が出ます。なんというか、素人のコスプレみたいな感じで妥協込みなのですが、そこが面白いようにも思います。

カスタムキャラのパーツは、少ないと思いますが、とりあえず工夫しながらそれっぽいキャラは作れるように思います。追加パーツは有料DLCということですが、せめて柄のパターンだけでも標準でもっと追加していただけたらと思います。それだけでもかなりカスタマイズ性がよくなると思います。

オンライン対戦で変なキャラクター同士になると、親近感が湧いて、盛り上がります。手は抜きませんけど。

ダメージによって武装が外れるのもいいですね。フル武装にしておいて、中身は目を引くHな下着の女性キャラなども作って使っています。結構、逆転勝ちできています(笑)

ソフィーティアの3Dモデルの顔は、微妙に好みではないです。イラストは可愛いと思うのですが、3Dモデルは欧米向けの調整が入っているように思います。好みとしてはイラストに近いもう少し丸顔(2番?)なのですが、自分で作り直すことができるのはいいですね。

Steamでも高評価ですし、eSports向けにもいいと思います。

いろいろ楽しめるので、格ゲーの初心者の人にもおすすめかと思います。

ありがとうございます。

Amazon

このシリーズは、ソウルエッジ、ソウルキャリバーから5と全て購入してます。過去作品のいずれかと比べて、キャラが少ないとかキャラ作成時のコスチュームが少ないとか、残念な部分もあります。DLCでキャラを追加していく感じなんでしょうか。ティラはDLCにいますね。
個人としては、好きなシャンファが復活した事が一番良かった部分なんですが、ゲーム自体の出来も良いです。他のレビューにもありますが、無茶押しでも色んな技でます。無茶押しの友人にプレイさせたら、色んな技が出てプレイを満喫してました。
ソウルキャリバーIIIだったかな、キャラ作成時のコスチュームがゲーム進行に伴い増えていったのは、まだあまりプレイはしてないけど、そんな感じだと良いなと期待してます。
短時間プレイの感想なので、大した事は書けませんが、初心者にも優しい感じだし、暫くこのシリーズを離れていた方も、今回は良いじゃないって思える作品だと思います。

Amazon

格闘ゲームが苦手なのですが友人に勧められて購入しました、トレーニングで技を一通り確認しアーケードモードをプレイした感想は、コンボやリバーサルエッジなどのシステムをよく分からない状態でのガチャガチャプレイでもそれなりに勝てました、コンボ重視より駆け引き重視のゲームだと感じました、
上級者は上級者で楽しめるし初心者は初心者なりに楽しめるかと思います、技やコンボなどキャラクターごとの戦法など理解出来てくれば、より楽しくプレイ出来そうなゲームだと感じました、操作に慣れるまで大変そうですがキャラクタークリエイトやオンライン対戦も楽しみです。

技表が掲載されてる説明書が欲しいかな…
最近のゲームでは説明書無いので覚えるまで
大変ですね

Amazon

対戦は、前作と比較するととても良いです。グラフィックは綺麗で、操作もほぼ従来の技とコマンド入力で、思い出しながらボタンを連打していたら何かしら技が出て、コンピューターに何とか勝っています。
初見の方でも遊びやすい作品だと思います。

ただ、キャラクタークリエイションは非常に残念な出来です。前作よりもパーツが少なく、装備品が身体にフィットしてません。
種族などは増えましたが、顔や髪型などはもっと新しく追加して欲しかったなと。
新作ですし、前作以上のキャラクリを期待していたので、何だか胸の辺りがもやモヤモヤしてます。

なので、個人的な評価ですが、格闘ゲームとしては☆5ですが、キャラクリは☆3てことで、総合的には☆4とさせていただきました。

Amazon

初ソウルキャリバー、仕事の合間にゲームする格ゲーも初心者の超ライトゲーマーです。
たまに来る格ゲー衝動に駆られて購入しました。

まだストーリーモードの途中ですが、十分楽しめてます!全然コンボとかうまく出せないですが、ストーリーモードがRPG風になっているのでいろいろな武器を試しながらプレイしてます。武器によってはコンボがうまく出せたりしてそんな時は爽快感を感じられます。

ライブラストーリーモードのキャラのイラストとテキストだけの進行は正直だるくなりますが、逆に長々とイベントシーン挟まれるよりスキップし易くていいかなと思います。

何よりキャラクリが楽しい。
戦闘ごとに武器選択できるので自分で作ったキャラクターにいろんな武器持たせて戦うと同じキャラクターでも違った印象になりますし、武器ごとに衣装を変えてみたりなど、キャラクリだけでも結構楽しいです。

衣装は既存キャラの各部位のパーツの組み合わせが多く、そこまで種類が豊富という印象ないですが、色やステッカーなども変更できるのでオリジナリティは十分出せると思います。

リバーサルエッジというじゃんけん的なシステムは正直好き嫌い別れると思いますが、初めての自分には気になりませんでした。逆にリバーサル受け身がキレイに決まった時は少し快感でした。

気になった方は初心者でも購入してみてはいかがでしょうか。

自分で作ったキャラクターでネット対戦するのはそんなに勝てなくても結構楽しいです。

Amazon

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント

つまらない・クソゲーなどの低評価の意見

今作の最大のウリの一つである、リバーサルエッジ(以下RE)ですが
これは開発の方が自信満々で、初心者や格ゲーの苦手な方にオススメしていたシステムで
一つのボタンを長押ししているだけで、簡単に攻撃をさばき、三すくみの「じゃんけん」にあたる「専用かけひき」
に持ち込み、一方的にやられるのを防ぐというものです。

しかし

実際はそんな甘いものではありません。
発売前に開発の方が「REさえやってれば、勝てるほど甘くない」的なことを言っています。
それを聞いたとき、謎システムになる予感はしていましたが・・・やっぱりでしたねw

最初のうちは、対人戦、対CPU戦に限らず、REはすばらしいシステムに感じるのですが
やればやるほど、「荒」が目立ってきます。

それというのも

一見は初心者救済に思えますが、RE自体に弱点が多く存在していて
弱点を突かれると、「使わずに戦ってた方が勝てたのではないか?」と後悔してしまうほどです。

・ボタンを長押ししている時には、攻撃を中断され横に回り込まれる。
・すぐに出しても、距離をとられたり横に回りこまれる。
・REばかりしていると、REではさばけない攻撃をしてくる。

果たして、これだけの対処法があるものを「初心者救済」といえるのでしょうか?
まだランクマを数戦しかやってない頃に、RE主体に戦って3本パーフェクト負けしたこともあります。
初心者でもRE対策ができている強者に当たることは多いですよ。

■REが当たる相手はREを使わなくても勝てるんです!
■どうしても勝てない相手はREを使っても勝てません!

上手い人ほど、REをほとんど使わないのはREを使わずとも勝てるからです。
わざわざ「専用かけひき」に持ち込んで相手にチャンスを与える必要もありませんからねw

REは救済ではなく、あってもなくてもいい「演出重視の初心者同士が遊ぶシステム」でしかないと思います。

■初心者の方や格ゲーが苦手な方は注意してください。
REは格上の方や、高難易度CPUに簡単に勝てるようになるシステムではないので、REの謳い文句に魅力を感じて
購入を考えている方は注意が必要です。

Amazon

前作のⅤが酷かったこともあってか最初は手放しで面白いと感じでいたのですが、オンライン対戦で同じ強キャラにあたることがかなり多かったりクリエイトパーツが少ないなど段々荒が目立ち始めました
開発陣は「今回はバランスに自信がある」「売上数によってはこれは最終作」と言う割にはバランスもちろんいろんなところがお粗末です
ほんとにこれが最終作のつもりで作ったのか?疑問に感じます
既存キャラや前作にあったクリエイトパーツを分割してDLCにしたりとはっきり言って褒められたものではありません

格ゲーが廃れた要因の一つでもあるわからん殺しも多すぎます 知らない技で倒されたら対策立てるために数時間トレーニングに引き篭もるなんてもう時代遅れです
オン対戦は結構ラグが多く、見えない下段と化した攻撃が初見殺しに拍車をかけています

キャラクリだけで言えば前作のほうがパーツも豊富で面白かったのですが…

Amazon

「ソウルキャリバー2」からシリーズをプレイしています。 
6発売日をずっと心待ちにしていたのですが、いざプレイしてみたら、なんだか手抜きな感じがします。
5のようにストーリーは紙芝居のようだし、参戦キャラも少ない。(今後のDLCで増えるのでしょうけど)
なによりもひどいのはクリエイションが前作の使い回しっぽいのと、装備パーツの種類が少なすぎることです。

5をプレイした時も、ストーリーが紙芝居みたいで手を抜いたのか?と思いましたが、クリエイションが楽しかったのでずっとクリエイションで遊んでいました。
ところが今回はそのクリエイションですら、楽しめなくなってしまいました。

過去作で必死にトレーニングモードで練習した必殺技が、今作ではR2ボタン1つで出るのも、なんだかなぁ・・・と思いました。(初めての方にはいいのかも?)

個人的には「本当にこれで最新作なのか?」と言いたいぐらいです。
4が一番よかったと思います。

ストーリーやイベントシーンが紙芝居ではなく、3や4のようにCGにして欲しいです。
クリエイションしたキャラを、イベントシーンで見るのも楽しみのひとつだと思います。
購入を検討されてるのなら、中古になるのを待った方がいいかもしれません(笑)

Amazon

対戦は面白い
バランスがいいとは思えないが、よければ面白いというわけじゃないのが格ゲー
しかし対戦部分以外の駄目さが目立つ

まずトレモなどで技表みたりcpuの動きの設定したりするのだがこの操作がいちいち重い
3ページめくったら目当ての項目だからボタンを3回パパパッと押しても重いので1項目しか進んでいなかったりする
それを何回もする事になるのでイライラ、、

ネット対戦周りの設計が不親切で快適とは程遠い
項目が少なくラグい相手と当たることも少なくない

キャラクリは非常に楽しいがパーツが少なすぎる
DLCで追加するのであえて少なくしたなってレベル(過去作を知らないならこれでも十分なのかもしれんが)
たくさんパーツがある上にまだまだ追加されるよっていうDLCなら喜んで買うが、、、という事でシーズンパスは買ってません

ベータでは使えてて既に完成してるキャラをDLCにしてロックして発売初日から販売ってのも印象悪い(これは発売前からわかってた事だが)
予算どうこうって話があるだろうがこっちはそんなん関係ないですしね

開発陣が充実させたと言ってた一人用モードだが大半は文字を読むだけで合間に戦闘があるってだけの退屈なモード
後半の敵は理不尽に強化されてる上にcpu特有の超反応をかましてくるのでつまらんしストレスたまる

もう一度いうが対戦は面白い、なので非常に残念な気持ちでもある
売上が悪かったらキャリバー最終作になるかもとの事で期待と応援の意味で購入したが、、、
改善できそうなトコは無料アプデやパッチで改善してくれんかなぁ

Amazon

キャリバー歴初代ソウルエッジからすべてのキャリバー全部遊んでました♪まず最初に申し上げます♪前作不満だったキャラそう入れ換えが無くなった所は評価出来ますが、ゲームシステムは正直5の方が個人的に良かったですね、今回は縦切りガード同時ボタンで発動する あのじゃんけんシステムがはっきり言って邪魔ですね…スピーディーに戦ってる最中に あの攻防が発生すると本当にイライラします…(あくまで私の個人的の意見ですが)後は一部のキャラが強すぎですねバラス調整したのかな!?てな感じです…最後にランクマッチは発売日なのにちょっと過疎ってますね…後はランクマッチでのマナーは最悪ですね(相手がKOされた後は死体蹴りが激しいです…結構日本人にも居たのが本当にガッカリです…)(‘д`|||) なのでオンライン対戦目的の人はフレンドさんとかと遊んだ方が宜しいかと思います♪ 今までキャリバーシリーズを全て購入し遊んできた自分としては評価的に2・5位です 以上です♪追記→オンライン回り酷いので、早急に何とかして下さい(プレマ中対戦中断、プレマ中誰か抜けるとゲーム中断、プレマ中誰か入って来るとゲーム中断、あげくのはてには○ボタンでお互いがゲームを開始するのですが、○ボタンまでも押せないバグ等とう本当にイライラします…対戦希望で購入を考えて居る方々は今は買ってはダメですよ…)

Amazon

まとめ

キャラクタークリエイトが楽しい模様。人によってはパーツが少ないとも・・・。
格闘ゲームとしてもクオリティが高くプレイする価値ありでしょう。

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント

SOULCALIBUR VIとは?基本情報まとめ

『ソウルキャリバーVI』(ソウルキャリバー6、Soul Calibur VI)は、バンダイナムコエンターテインメントより2018年10月に発売予定のPlayStation 4、Xbox One、Steam用3D武器対戦格闘ゲーム[2]。

ソウルシリーズ20周年の集大成作品。

コンセプトは「リブート」で、世界観や設定は前作『ソウルキャリバーV』の直接的な続編ではなく、『ソウルキャリバー』の物語の再構成になっている[3]。これは複雑化したソウルシリーズの世界観をもう一度知ってもらい、シリーズ経験者の他、初めて遊ぶ人や過去にシリーズをやっていた人達を取り込む意図がなされているという。そのため、前作では死亡や消息不明、戦いから身を引いたキャラクター達も、今作でプレイアブルキャラクターとして再登場する[3]。

今作ではステージの陰影表現を『ソウルキャリバー』に近いようなビジュアル表現を目指しており、ゲームエンジンは『アンリアルエンジン4』を利用している[4]。ゲームシステム面でも『V』のクイックムーブが廃止され、「ソウルチャージ」システム[5]や、上段・中段・下段関係なくガードし、反撃に転じる「リバーサルエッジ」などを、複雑なコマンドを使用せずとも簡単な操作で発動可能になっているなど、『V』以上に初心者でも楽しめるよう見直されている[4]。

Wikipedia

発売日 2018年10月18日
ジャンル 格闘
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
公式 バンダイ/Wikipedia

ゲームの評判カテゴリの最新記事