プーと大人になった僕は面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

プーと大人になった僕は面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

プーと大人になった僕の評判・感想・意見

みんなの評価

下記の「Create your own review」ボタンをクリックして、好きにレビューを書き込んでください。
閲覧する皆さんの参考になります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

TunaTopics
Average rating:  
 0 reviews

おもしろいなどの高評価の意見

子供のころ大好きだった本。まだ読書の習慣が身につく前、きょうだい一緒に母から読み聞かせてもらったことをぼんやり覚えている。プーさんをはじめ命を吹き込まれたぬいぐるみの動物たちと一緒に遊ぶクリストファー・ロビンが本当に羨ましかったっけ。

あのクリストファーが大人になって、すっかり仕事人間になっていた。そんな彼の前に、プーが突然現れる。困惑しながらも、元の場所に帰そうと生家に戻り、動物たちにも再会する…という話を、アニメでなく実写で映画化してくれたのが嬉しい。プーと仲間たちがぬいぐるみのモフモフ感を表現したCGで実体化され、まさに現実世界にプーたちが紛れ込んだかのような楽しさだ。

単なる懐かしさだけではない。幼いころは素朴に受け止めていたプーの言い回しが、今になって聞くと禅問答のようで哲学的な含蓄があることに気づかされる。大人になるって、人生ってなんだろうと見つめ直すことを教えてくれる。

映画.com

大人になると子供心を忘れてしまう————そんなテーマ性と共に名作「くまのプーさん」が装いを新たに蘇った。1920年代にA・A・ミルンが息子への読み聞かせの形式で著し、60年代にはディズニーが独自性を加味してアニメーションへと昇華させたあの少年とお馴染みのキャラクターたち。彼らが数十年の時を隔ててロンドンで再会する姿には、ただ見つめているだけで涙ぐんでしまうほどの崇高なノスタルジーを感じずにいられない。マクレガーが険しい表情から少年のような無邪気さを取り戻していく一方、名匠マーク・フォースターも彼らしい作品構造と描写力で物語を盛り上げる。そして肝心のプーさんときたら、本来のテディベア感を取り戻し、輪郭はアニメよりも原作に近い感じ。これらの要素が一丸となってクライマックスに向けなだれ込んでいく様も高揚感たっぷりで、ただただ無性に楽しくってたまらない。ディズニーらしい妥協なき見事な仕上がりだ。

映画.com

家庭を持っていればなお感情移入がたやすいかもしれません
開始10分で昔の自分を重ねて涙腺が決壊、しかし静かに、流れるまま流すのが大人の男の流儀
乗り物であれやるよね、あのゲーム
え?みんなやらないの?

空に昇っていくプーに手を伸ばし「プー!」と叫んだのはついこの前のディズニーでの話
1ヵ月も経っていないのにまた行きたくなったじゃないか
ハニーハントのファストパスの確保が最優先

映画.com

最初は、あーディズニーやな、と思いましたが、確かにその通りと思わされる、人間大人になると欲が出る、なにもしないのは難しい

映画.com

大人になったクリストファーロビンはプーのことを忘れたわけじゃなく、現実世界と切り離した存在と認識していて、仕事であくせくしているロビンにとってはプーと遊ぶ余裕がないことが悲しく感じた。
それに対して、100エーカーの森に戻るプーを追いかける瞬間は子供の頃を思い出したかのような印象を受けて、ものすごく感動した。
一つ残念なのはロビンの声が堺雅人さんの声だったため、印象が軽くなったし、ユアンマクレガーとかけ離れた感じで話が話や感情が入ってこない場面があった。

映画.com

プーと大人になった僕が気になった方へ。

プーと大人になった僕

つまらないなどの低評価の意見

優等生的良い映画。だが、何度も泣いたとか、仕事と家庭について考えさせられるとか、そこまで強いメッセージを受け取れなかったなぁ。大人用子供映画。

映画.com

ワクワク感が欲しかったです。

映画.com

ディズニーの作品らしく、ハートのこもった大人からこどもまで楽しめることが表のテーマとなっている。
そして、効率や責任といった言葉が主役である現代から、自由を生きる未来への一般大衆の心の準備をさせることが裏にあるテーマだ。

イギリスで始まった産業革命により、労働集約的な仕事は機械に置き換わっていった。その結果、知識労働に従事する人々が増えた。

知識労働というと人間しかできないような気がするが、決められた手順で操作を行うような仕事は今後人工知能によって置き換えられていく。

さらに、情報をインプットし、アイディアを紡ぎだすようなクリエイティブな仕事でさえ、目的が決まっている限り人工知能が行う仕事になっていくだろう。

人間に残された残りの領域は、、 目的のない「遊び」である。

産業革命のとき、機織りをしていた労働者たちは機械に仕事を奪われると不安になっただろうが、その結果できた余暇の時間によって新たな産業の仕事に従事した。

現代においても同じことが言えて、人工知能に仕事を奪われて失業することを不安に思っている人がいるだろうが失業ではなく卒業だ。人間があえてする必要がない仕事の領域となるだけだ。
これからはただ、遊んでいればいい。この映画はその時代への心の準備をする啓蒙作品だ。

物を売り、買う時代から知識を売り、買う時代に、さらに少し兆候が見られてきたが、体験を売り、買う時代が到来する。人間は遊んでいればいいんだ。

目的のない自由をテーマとしていながら、超合目的的に効率的に組織運営して作品を作っていることが自己矛盾していて面白いポイントでもある。

未来のこどもたちは、脳に直接つながるヘッドマウントディスプレイを付けて現代の一般大衆の生活を体験学習して、大奴隷時代だったんだと笑うだろう。
人工知能に仕事を奪われるとか恐れてたらしいよ、どんだけ働きたいんだよドMかよウケるとか言っているかもしれない。

ディズニーはプーみたいに広く大衆に認知されている概念を使って啓蒙活動できるのがうらやましいところである。

映画.com

疲れきって麻痺した心が、ハチミツのような優しさで溶けていく様は、本当に心温まる。
戦後のロンドンの感じも良い。

が、プーさんになんの思い入れもなく、あの姿に可愛さを感じることがなければ、こっちの気持ちが乗らない。
キャラクターが好きかどうかが、こんなに影響するなんて思わなかった。

映画.com

まとめ

いい評価がとても多かった。
しかし人によっては良くわからないとの意見も・・・


プーと大人になった僕

プーと大人になった僕とは?基本情報まとめ

プーさんと、大人になったクリストファー・ロビンのロンドンでの奇跡の再会と、そこからはじまる新たな冒険。

プーと大人になった僕

公開日 2018年7月30日
ジャンル ファンタジー
配給 ディズニー
上映時間 104分
公式 プーと大人になった僕

映画の評判カテゴリの最新記事