[パイレーツ オブ カリビアン ワールド エンド] 映画無料視聴

[パイレーツ オブ カリビアン ワールド エンド] 映画無料視聴

動画情報

[ 言語 ] – 日本語
[ 名前 ] – パイレーツ オブ カリビアン ワールド エンド
[ 監督名 ] – ゴア・ヴァービンスキー
[ 公開日時 ] – 2007.05.25

公式サイト・Wikipedia

動画説明

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(Pirates of the Caribbean: At World’s End)は、2007年のアメリカ映画。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第3作。「At World’s End」は「世界の果てにて」の意。

[Wikipediaより引用]

ストーリー

治安維持を名目としてポート・ロイヤルでは戒厳令が敷かれ、海賊だけでなく、海賊に少しでも関わったことのある者は絞首刑に処す、という布告がなされた。捕えられた人々が次々と処刑される中、突如として歌声が響く。「海賊王と仲間達は…」そう、海賊長達による評議会開催を知らせる「招集の歌」が歌われたのだ。 その頃、ブラックパール号もろともクラーケンに飲み込まれた船長ジャック・スパロウは、デイヴィ・ジョーンズの墓場(デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー)に送られ、大量のジャック・スパロウの幻覚に囲まれて錯乱の日々を送っていた。

ティア・ダルマと「女神カリプソの解放」を契約して復活したヘクター・バルボッサ率いる一行は、選ばれし9人の「伝説の海賊」の1人サオ・フェンから「世界の果てへの地図」を入手し、ジャックを救出すべくシンガポールの港を出港した。一行は、極寒と戦い、最後には船を失いながらも世界の果てにあるデイヴィ・ジョーンズ・ロッカーに漂着した。ティア・ダルマの助けでブラックパールに乗って現れたジャックと再会、デイヴィ・ジョーンズ・ロッカーから帰還する方法を解きあかす。しかし、その途上、あの世へと流れて行くウェザビー・スワンの魂と邂逅する。彼を用無しと見なしたベケットによって処刑されたのだった。悲しみにくれるエリザベス。何とか一行は元の世界へと帰還するものの、それもつかの間、サオ・フェンの裏切りで、ジャック達は離散してしまう。

元の世界では、状況が足早に動いていた。ジェームズ・ノリントンはカトラー・ベケットの部下としてフライング・ダッチマン号の指揮をとり、心臓を握られたジョーンズもベケットの駒と化していた。クラーケンは見せしめに殺され、海賊も息絶えつつあった。世界は制海権を制したベケットを中心に動き始めていたのである。鍵はジョーンズの心臓。その心臓を突き刺した者はフライング・ダッチマンの船長となり代わり、カリプソの命により海の死者をあの世へ送る役目を永遠に負う。陸に上がれるのは10年に一度だけ。役目を怠れば、ジョーンズのような化け物になってしまう。

[Wikipediaより引用]

動画無料視聴

動画無料視聴

洋画カテゴリの最新記事