[One Piece Film Gold] – 映画無料視聴

[One Piece Film Gold] – 映画無料視聴

動画情報

[ 言語 ] – 日本語
[ 名前 ] – ONE PIECE FILM GOLD(ワンピース フィルム ゴールド
[ 監督名 ] – 宮元宏彰
[ 作者 ] – 尾田栄一郎
[ 公開日時 ] – 2016年7月23日

公式サイト・Wikipedia

動画説明

『ONE PIECE FILM GOLD』(ワンピース フィルム ゴールド)は、2016年7月23日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第13作目。

シリーズ最高の興行収入68.7億円を記録した前作『ONE PIECE FILM Z』(2012年12月)から3年半ぶりとなる、劇場版『ONE PIECE』第13作目。世界最大のエンターテインメントシティ「グラン・テゾーロ」を舞台に、主人公であるルフィたち「麦わらの一味」が、世界政府をも金の力で動かす「黄金帝」ギルド・テゾーロと激突する。キャッチコピーは「それは、世界を統べる力。」[2]、「この男に、賭ける。」、「新世界の“怪物”が動き出す!!!」。
原作者の尾田栄一郎が前作に引き続き、総合プロデューサーとして制作に参加[2]。監督はTVシリーズの三代目シリーズディレクターを務めた宮元宏彰[2]。脚本は『謎解きはディナーのあとで』や『LIAR GAME』などを手掛けた黒岩勉[2]。劇中曲は原作者推薦のシンガーソングライターである小島麻由美が担当[3]。
劇場版『ONE PIECE』では初の夏公開となり、全国346館にて上映。上映スクリーンは邦画史上最多記録となる743スクリーンにのぼり[注 1]、2D・3D・4DX・MX4Dで公開される[4]。3D上映は第11作『ONE PIECE 3D 麦わらチェイス』以来で長編映画ではシリーズ初。また、シリーズ初の、モーションシートや風・香りなどのアトラクション効果といった4D技術の特殊効果が用いられた4DX・MX4Dでの上映も行われる。訪日・在日外国人を対象とした官民連携インバウンド事業企画「YOKOSO! EIGAKAN!」の第4弾として、新宿バルト9など6館で、英語と中国語を併記した字幕上映や[5]、専用アプリから取得した音声ガイド付きで、映画を鑑賞できるシステム「UDCast」方式を導入した一般興行では初のバリアフリー上映も実施される[6]。
映画公開を記念し、2016年6月1日より「フジテレビオンデマンド」「dTV」「ゲオチャンネル」「GYAO!」「Hulu」の5つの映像配信サイトより過去の劇場版11作品を配信[7][注 2]。また6月19日から9月11日にかけて9回にわたり、主人公モンキー・D・ルフィをはじめとする「麦わらの一味」9人それぞれにスポットを当てた総集編「ワンピース キャラクターズLog」が日曜深夜に放送された(関東ローカル)[8]。7月6日には東京・お台場シネマメディアージュにて完成披露イベントが行われ[9]、7月15日にはアブダビにある「エミレーツ・パレス・ホテル」で海外では初の上映会が行われた[10]。
TVシリーズでは、2016年6月26日から、映画連動のオリジナルストーリー「シルバーマイン編」が4週にわたり放送された[11][12]。公開1週間前の2016年7月16日には、映画本編の前日譚となるアニメスペシャル『ONE PIECE 〜ハートオブゴールド〜』が放送された[13]。
海外では7月28日公開の香港、マカオを皮切りに、8月には台湾、タイ、ベトナム、フィリピンなどで順次公開され、欧州や北米など33の国と地域で公開[14]。

[Wikipediaより引用]

ストーリー

世界中の大富豪たちが集い、昼夜問わずショーやアトラクションが繰り広げられる世界最大のエンターテインメントシティ“グラン・テゾーロ”へ乗り込んだ麦わらの一味。
そこは世界政府すら手を出すことのできない“絶対聖域”で、海軍も海賊も関係なく、誰もが街のルールに則ってカジノやアトラクションに興じていた。
色めき立つルフィたちの前に現れたのは、金の力で世界政府ですら容易く動かし、天竜人をも懐柔するほどの権力を持つ“黄金帝”ギルド・テゾーロ。
すべてが豪華絢爛なその街の裏では、テゾーロによる圧倒的な支配が渦巻き、ルフィたちはなすすべもなく街の非情なルールに飲み込まれていく・・・。
そんな中、テゾーロから天竜人への「史上最高額の天上金」の存在が明らかとなり、その支配力は世界を揺るがすほどの暴走を始めていた。
遂に動き出してしまった新世界の“怪物”に、ざわめき始める世界政府、そして革命軍――。
「自由とは、支配とは」この海を制するための答えを懸けて今、ルフィたちの信念を掛けた闘いが幕を開けようとしていた。

[公式サイトより引用]

動画無料視聴

動画無料視聴

邦画カテゴリの最新記事