億男は面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

億男は面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

億男の評判・感想・意見

みんなの評価

下記の「Create your own review」ボタンをクリックして、好きにレビューを書き込んでください。
閲覧する皆さんの参考になります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

TunaTopics
Average rating:  
 0 reviews

おもしろい・神映画などの高評価な意見

18.10.24.
BUMPに釣られたらめっちゃ面白くて大当たり!
落語芝浜に母の行ったモロッコに池田エライザに男の友情物語。もう好きな要素しかない。そして話が面白いんだからもう言うことない!

Filmarks

お金とは何なのか。
自分にとって何が価値があるのか。
友情とは、愛情とは?

日頃の悩みの解決を手助けしてくれる作品です。DVD出たらまた見たい

Filmarks

縦76ミリ横160ミリ重さが1円玉と同じ1グラム、これが一万円札。
自分が普段気にしなかった角度からもお金を見ているセリフで九十九に興味が湧いた。

観ている人の感情を上手く使っている面白い映画だと思った。

お金に対する考え方が分からなくなったらまた観たい。

『絶対叶いま〜す!』は癖になる

Filmarks

お金ってなんなのかなと考えさせられる作品。
帰り道に書店で「お金とは」みたいな本買って今読んでます。

Filmarks

お金というものを媒体として、日常のふとした人の温もりなどに気づかされ、大切にしたいと思える作品。
個人的には、普段の周囲の人たちとの接し方や、将来どんな暮らしをしていきたいかということを考える機会が最近多かったため、最も大切にしたいこととはなにかということを再確認させられる映画だった。
そして、演技派有名俳優が多く出ているので、見ていて飽きない!

Filmarks

お金が人を変えるのか、人がお金を変えるのかって話。

とにかく高橋一生が良かった。
吃音で普段話すと吃りがちだけど、好きな落語や自分の夢を語る時は流暢に話せる演技がめちゃくちゃ上手い。

Filmarks

高橋一生さんがスピンバイクやりながら自宅で20回くらい見たと語っておられましたが、私もなぜか2回見に行きました。同じ映画を公開中に2回以上見に行くなんてめったにないのですが。
レビューにも盛り上がりに欠けるとか、ありきたりな結末という意見があって、それもなるほどと思うのですが、一回見終わるとなぜかもう一度見たくなります。
静かで深い主役2人の友情がうらやましいのかも知れません。仲良しこよしで終わらないのもいいです。
あと一男の奥さんは、一男のために離れることを選んだのだ・・・と思いたい。
執着の対象が自分達になってるから、一度リセットしてあげようと思ったのではないかと。だから、一男の仕送りも使ってないし、奥さん自身もパートでめっちゃ働いている・・・という裏設定希望(笑)

Yahoo!映画

原作はすでに読んでいました。
はじめから映画化ありきでのストーリーのようでしたので
公開を楽しみにしていました。

読みながら頭にえがいていた映像が、ちゃんとそこに。
ただ、
まったく原作を知らない人がこれを観たら・・
しかも劇中に出てくる落語の「芝浜」をも
まったく知らない人がこれを観たら・・。
ずいぶんのっぺりとした映画で、しかもところどころ
分かりづらい荒唐無稽さも混じり、奇妙な作品と
とらえられるかたもおられるでしょうね。

落語「芝浜」になぞらえたお金の寓話でしょうか。
その寓話を見事に演じた役者陣がすばらしく、
私は大満足で席を立ちました。

Yahoo!映画

映画にLINEの画面が出るのが普通になってきたように思う。
既視感のある見慣れた景色。
妙にリアルだった。

3億円が行ったり来たり。
実際に欲しいものは、お金そのものじゃなく、お金を使った時の気持ち。
そして大切な人との思い出。
愛はお金で買えない、というより、人間の心はお金ではどうにもできない、が正確解だろう。

個人的に北村一輝の変貌ぶりにびっくり。笑
思わず笑っちゃいました。
それと、高橋一生の存在感が圧倒的。
BUMPのエンドロールも最高。

いろいろ、とても考えさせられた。

Yahoo!映画

他の俳優も素晴らしかったが高橋一生の演技はずば抜けていた。弱々しい感じも出しつつ目とセリフは力強くて圧倒された。僕個人としてはふつうに素晴らしい映画で単調だとは思いませんでした!原作読んだ作品は見ない方がいいかもしれませんね、、お金だけじゃ根本にある大切なものまで手に入れられるもんじゃないよと。お金は手に入れられても必ずしも人の心まで買うことはできない。お金が全てなんだけど全てじゃないんだよとすごく深かったです。色んな人の価値観・考え方があるからこそこの映画を観る方も演じる方も面白いのではないかと感じております。100点の人がいれば0点の人がいるそれが人間。あまり良くなかったという人とは性格が合わないというだけですね。

映画.com

ふらっと入ったが、何気に面白かった!コメディかと思いきや、心揺さぶられた。
スラム街などの貧困層には、道徳が低くなる傾向がある。心苛まれる物乞いや、見苦しいたかり。 ちょっと小銭を持った日本人も金で女を釣ろうとする。 釣る方も釣られる方も、お金に支配される。 お金では買えない、変えれないもの‥久々に我に帰った!

映画.com

億男が気になった方へ。

つまらない・クソ映画などの低評価な意見

つまらん
一生の喋り方も藤原竜也もお金の小話もモロッコの映像も部分すごいと思うけど、なんか全てが薄いストーリーをもたせるためのとってつけた感が凄くて冷めた。
落語とか家族とか全然意味ないじゃん。
特に家族は変に感動調に仕上げてて笑った。

Filmarks

モロッコのくだり長すぎない?
中だるみすごかった。

高橋一生の喋り方のクセ強すぎたw
あと、絶対叶いまぁす!!!

Filmarks

くそほどにつまらなかった。
主役2人だからもった映画。

1番良かったのは主題歌のバンプ

Filmarks

原作も微妙だったけど、
映画もやっぱり微妙だったな〜

高橋一生と佐藤健で
もってるようなもんだな…

Filmarks

途中ねてた…
音楽と映像だけでみせる部分が多くて
小説を映像にしようとすると
こうなるんだろうなあと…。うーん。小説みよ。

Filmarks

つまらん。くせ者出しすぎ。

Yahoo!映画

平日昼間の郊外イオンシネマ、パラパラと客席埋まってました。
先週観た予告が期待値高かったのですが、、、

率直な感想はずっと平坦な道を走ってる感じ。
今年観た中で最大の眠気を感じさせてもらいました。

出てる俳優陣やロケ地など良いのですが映像や台詞、音楽が噛み合ってないのか中盤はただただ眠かったです。

エンターテイメントで言うと評価の低い音量上げろの方が数倍楽しんで観れました。

ややネタバレですがラストの芝浜が心に刺さる演出なら印象は変わってたと思いました。

ただ高橋一生ファンであれば魅力は存分に楽しめると思います。

Yahoo!映画

自分には合わなかった。
教祖が出てくるあたりまではそれなりに面白かったけど、そのあとの展開が退屈で少し眠くなった。

(若干ネタバレ気味)

・なんであの電車に乗ってこれたのか?が謎
・あの子供の親というには若すぎに見えたなぁ
・「こんな紙切れーー!!」は面白い
映画.com

まとめ

役者が豪華で、演技派俳優がそろっているため演技の評価が高い。
また、モロッコでの撮影シーンが美しく、モロッコに行くたくなるという感想が多い。
しかし、ストーリーの内容が薄くて低評価にする人が目立った。
ただし、低評価にしている人でも、BUMP OF CHICKENが務める主題歌「話がしたいよ」には高評価をつけている。

億男とは?基本情報まとめ

兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万左子(黒木華)は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。当選金額3億円!これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた——
3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金と幸せをめぐる冒険が始まった。九十九の家のパーティで出会った“あきら”(池田エライザ)と名乗る女性を頼りに、かつて九十九と起業した仲間=“億男”と呼ばれる億万長者たちに九十九の手掛かりを探る。ギャンブル好きの実業家:百瀬(北村一輝)、マネーセミナーの教祖:千住(藤原竜也)、10億円を隠し持つ主婦:十和子(沢尻エリカ)・・・。クセ者ぞろいの億男たちを渡り歩く“地獄めぐり”に翻弄される一男。お金、友情、そして家族。すべてを失った男が最後にたどり着くのは?お金とは何か?幸せはどこか—

億男 – 映画・映像|東宝WEB SITE

公開日 2018年10月19日
ジャンル フィクション
配給 東宝
公式 映画『億男』公式サイト

映画の評判カテゴリの最新記事