[ニード・フォー・スピード(Need for Speed)] 映画無料視聴

[ニード・フォー・スピード(Need for Speed)] 映画無料視聴

動画情報

[ 言語 ] – 日本語
[ 名前 ] – ニード・フォー・スピード(Need for Speed)
[ 監督名 ] – スコット・ワウ
[ 公開日時 ] – 2014.06.07

公式サイト・Wikipedia

動画説明

『ニード・フォー・スピード』(Need for Speed)は、2014年のアメリカ合衆国のアクション映画。原作はエレクトロニック・アーツのレースゲーム『ニード・フォー・スピード』。 スコット・ワウ監督の3作目の作品で、出演はアーロン・ポールとドミニク・クーパーなど。チューンナップされたスーパーカーによる公道レースを描いたカーアクション映画。

日本では、本作以降、映画配給の英語に『Distributed by BUENA VISTA INTERNATIONAL』から『Distributed by WALT DISNEY STUDIOS MOTION PICTURES INTERNATIONAL』の表記に変更されている。

[Wikipediaより引用]

ストーリー

トビーは父親が遺した自動車修理工場を営みながら、夜になると仲間と共に非合法のストリート・レースに繰り出していた。地元であるキスコの地から出たことがないものの、天才ドライバーとして名前を知られつつあり、全米最大のストリート・レース・グランプリ「デレオン」からのオファーも受けていた。

ある日、ライバルのディーノから未完成のシェルビー・マスタングを完成させて欲しいと依頼があり、トビーは工場の経営のため不本意ながらも仕事を受け、マスタングを完成させる。ディーノによるマスタングのお披露目パーティーにいたセレブのビルとある賭けをし、その結果、ディーノが売る予定より高値で売却する契約をビルと結ぶ。それに怒ったディーノは、車の売却益を掛けたレースを持ちかけられ、トビーはそれに応じる。そのレースの最中、トビーの弟分ピートがディーノが仕掛けた接触事故で命を落とす。ディーノは事故現場から逃走し、トビーはその事故の責任を負わされる形で無実でありながら投獄されてしまう。

仮釈放で刑務所を出たトビーは、無実の証明とディーノへの復讐を果たすため、「デレオン」への参加を決意する。主催者モナークへのアピールのために、ビルからマスタングを条件付きで借り、開催地サンフランシスコへ向けて仲間とともに45時間の大陸横断の旅に出る。

それを知ったディーノは、トビーの到着を阻止するため法外な懸賞を用意する。懸賞目当てに襲いかかる追跡者や警察による激しい追跡の手がトビーに迫る。仲間の協力もあり、何とかそれをくぐりぬけ、サンフランシスコに到着する。その矢先、追跡者にマスタングを壊され、窮地に追い込まれるが、何とか「デレオン」参加用の車を入手し、「デレオン」のスタート地点に到着する。そして、勝つためには手段を選ばないライバルたちが乗るスーパーカーとディーノとの最後の対決に挑む。

[Wikipediaより引用]

動画無料視聴

動画無料視聴(前編)
動画無料視聴(後編)

洋画カテゴリの最新記事