[聲の形] – 映画無料視聴 –

[聲の形] – 映画無料視聴 –

動画情報

[ 言語 ] – 日本語
[ 名前 ] – 聲の形
[ 監督名 ] – 山田尚子
[ 公開日時 ] – 2016.09.17

公式サイト・Wikipedia

動画説明

『聲の形』(こえのかたち、英題:A Silent Voice)は、大今良時による日本の漫画。最初の作品が45Pで『別冊少年マガジン』2011年2月号に、リメイクされた作品が61Pで『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された[5]。『週刊少年マガジン』にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載[6][7]。単行本は全7巻。

2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編で第1位[2]、『マンガ大賞2015』で第3位[3]を獲得した。第19回手塚治虫文化賞新生賞受賞作。

全日本ろうあ連盟監修のもと道徳教材化され2015年に30分の実写DVD化、2016年には劇場版アニメーションも制作された。

『映画 聲の形』(えいが こえのかたち)は、山田尚子監督による長編アニメーション映画。2016年9月17日公開。原作は大今良時による漫画『聲の形』。

第40回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、第26回日本映画批評家大賞アニメーション部門作品賞、第20回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞作。文部科学省タイアップ作品。

主人公の石田将也と先天性の聴覚障害を持つ西宮硝子を中心に、人と人との繋がりやディスコミュニケーションを描く。キャッチコピーは、「君に生きるのを手伝ってほしい」。

[Wikipediaより引用]

ストーリー

プロローグ
高校3年生の主人公・石田将也はある決意を胸に、これまで続けていたアルバイトを辞め、また自室の家具を全て売り、銀行口座から全財産を引き出す。そしてその札束を封筒に入れ、母の眠る枕元に置き、家を出る。

小学6年生時代
舞台は小学生時代まで遡る。小学6年生の石田将也は友人らと仲良く遊ぶ、活発な少年であった。そんな将也の通うクラスにある日、先天性の聴覚障害を持つ少女・西宮硝子が転校してくる。川井みきや植野直花といったクラスメイト達は、耳が聞こえない硝子に対し、「筆談用ノート」を使用しながら徐々に交流を深めていったり、授業に戸惑う場面では助けたりするなど、友好的な間柄が出来始めていた。しかし、そのような状況も長くは続かなかった。硝子が原因で授業に支障が出始め、それに対しクラスメイト達が不満を持つようになり、次第に硝子は孤立していってしまう。そんな硝子を気にかける様子も一時見せる将也であったが、状況は悪くなっていく一方であった。

そんな中、将也は硝子に対し興味本位でからかい始めてしまい、それは次第にエスカレートしていき、度重なる補聴器紛失または故障へと繋がっていく。暫くしたある日、一連の出来事が表面化し、校長を中心としたクラスの学級会が行われる。その中で、将也は補聴器が高価であることを初めて知り、自らがしてしまったことに動揺しながらも、正直に名乗り出るべく手をあげようとしたその時、これまでクラスに無関心であった担任・竹内に急に名指しされ、糾弾される。それに対して他のクラスメイト達も便乗し、全責任を将也一人だけに押し付けた。その結果、周囲から裏切られた将也がその日を境に、新たないじめの標的とされていく。

将也に対するいじめが続いていたある日、教室に戻った将也は、自らの机を懸命に拭く硝子を発見する。何をしているのか理解できず、また硝子のいつもの愛想笑いに嫌気がし、取っ組み合いの喧嘩となってしまう。後に硝子は別の学校に転校。その後になって将也は、硝子がしていたことは「将也自身の落書きされた机」を綺麗に拭いていたことだと気がつくのであった。

その後も周囲の状況が変わることは無かった。その中で将也は「自分がしたことは自分に跳ね返る。自分は罪を背負い、罰を受ける必要のある人間である。」との気持ちを抱き、中学・高校に上がっても友人を一人も作ることもなく、ただひたすら孤独に過ごしていく。

高校3年生時代
高校3年生の将也はこれまでの人生を清算するため、自殺を決意。手話を習得していた将也は、死ぬ前にきちんと硝子に謝罪をするため、彼女が通う手話サークルを訪れる。

そして将也と硝子は再会を果たす。将也は「筆談用ノート」を渡し、小学生の時には理解することが出来なかった硝子の手話・「友達になってほしい」を、改めて硝子に対してするのであった。

[Wikipediaより引用]

動画無料視聴

動画無料視聴

邦画カテゴリの最新記事