[世界から猫が消えたなら] – 映画無料視聴

[世界から猫が消えたなら] – 映画無料視聴

動画情報

[ 言語 ] – 日本語
[ 名前 ] – 世界から猫が消えたなら
[ 監督名 ] – 永井聡
[ 公開日時 ] – 2016年5月14日

公式サイト・Wikipedia

動画説明

『世界から猫が消えたなら』(せかいからねこがきえたなら)は、川村元気の小説。

2016年5月14日に[6]東宝の配給で全国290スクリーンで公開された[16]。原作者の川村がキャスティングにも携わっており[17]、監督も川村が好きな満島ひかり出演で中島みゆきの「ファイト!」を歌って話題になったカロリーメイトのCMを制作した永井聡ならこの世界観を成立させてくれるだろうと自らオファーした[18]。

2014年10月8日に函館でクランクイン[19]。小樽や室蘭、東京都内での撮影を経てアルゼンチンのブエノスアイレスで海外ロケを敢行し、2014年11月22日に世界三大瀑布の1つであるイグアスの滝でクランクアップした[19]。原作にある“猫が話す”という設定は無くなり、川村が好きなティム・バートン監督の映画『ビッグ・フィッシュ』をはじめとした名作映画のセリフが随所に盛り込まれている[2]。ちなみに劇中で濱田岳が演じるツタヤが勧める『太陽を盗んだ男』や『ブエノスアイレス』などの映画も川村の好みが反映されているという[18]。

主題歌「ひずみ」のミュージックビデオは同じく永井が監督を務めた映画のスピンオフとなっており、佐藤演じる“僕”とその飼い猫・キャベツも出演している[20]。

公開初日2日間で動員14万1691人、興収1億8470万9900円記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[16]。

[Wikipediaより引用]

ストーリー

月曜日。体調不良に悩まされていたが、ただの風邪だと思っていた「僕」は医者の診察を受けた。そして進行した脳腫瘍であると告知された。家に戻ると、自分そっくりの容姿の「悪魔」を名乗る者が現れる。悪魔は、「世界からひとつなにかを消すと、1日寿命が伸びる」と告げ、僕の周囲にある「物」を消し去ることを提案してくる。そして、最初にその時たまたま使っていた「電話」をこの世界から消すことにする。悪魔は電話を消す前に最後に1度だけ電話を使ってもいいということになり、3年前まで付き合っていた元「彼女」に電話をかけた。

[Wikipediaより引用]

動画無料視聴

動画無料視聴

邦画カテゴリの最新記事