ゴブリンスレイヤー 4話の感想やネットの反応をまとめてみた【ネタバレ有り】

ゴブリンスレイヤー 4話の感想やネットの反応をまとめてみた【ネタバレ有り】

ゴブリンスレイヤー 4話の評判・感想・意見

みんなの評価

下記の「Create your own review」ボタンをクリックして、好きにレビューを書き込んでください。
閲覧する皆さんの参考になります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

TunaTopics
Average rating:  
 0 reviews

ネットでの反応や意見

まとめ

4話の見所は神官ちゃんの顔と オーガとの戦闘シーンとのこと。 ゴブリンスレイヤーは放送の度に SNSが盛り上がるな。

ゴブリンスレイヤーとは?基本情報まとめ

『ゴブリンスレイヤー』(GOBLIN SLAYER!)は蝸牛くもによる日本のオンライン小説およびライトノベル。文庫版はGA文庫(SBクリエイティブ)より2016年2月から刊行され、イラストは神奈月昇。略称は「ゴブスレ」[1]。

元はWEB作品(いわゆるやる夫スレ、下記「AA作品版」参照)でAA(アスキーアート)と組み合せて公開されていた作品であり[2]、これを同作者がオリジナルの一般小説として作り直し投稿した作品が文庫として商業化したものである。「このライトノベルがすごい!2017」の新作部門で1位[3]。

特に断りがない限り、文庫版の内容を基に解説する。

一般に最下級モンスターと知られるゴブリンのみを狩る青年を主人公とした作品である。

初刊の刊行前にコミカライズが決まっており、黒瀬浩介によって『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2016年6月号から連載中。また、同じWEB発の『まおゆう魔王勇者』に見られるように、登場人物には固有名が登場せず、すべて肩書で描写される。ただし受付嬢などが役職で呼ばれる時を除き、登場人物の名前として扱われることはない。これは作中の登場人物はTRPGのキャラクターであるから、読者が好きに名前を考えてくれれば良いという考えに基づく[2]。

初刊は発売数日で重版が決まるほどの人気を博し、『このライトノベルがすごい!2017』の2016年度集計では、新作部門で1位(全体では5位)を獲得した。シリーズの累計発行部数は300万部を超える。

2017年2月に、外伝『ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン』の刊行とコミカライズが発表された[4]。コミカライズが小説に先行して『ヤングガンガン』2017年19号(9月15日発売)より連載開始し、小説は『ガンガンONLINE』内の『ガンガンGA』で連載された。2018年5月より、短編集である原作第4巻のコミカライズが『ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ』のタイトルで『月刊ビッグガンガン』で連載されている。2018年9月27日より、2作目の外伝小説『ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》』が『ガンガンGA』で連載されている。

2017年12月にはグループSNEによるテーブルトークRPG(TRPG)化が[5]、2018年2月18日に幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバルにてTVアニメ化が発表された[6]。

Wikipedia

放送期間 2018年10月 –
ジャンル ダーク・ファンタジー / ハイ・ファンタジー
レーベル GA文庫
公式 特設サイト

アニメの評判カテゴリの最新記事