[GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995)] – 映画無料視聴

[GHOST IN THE SHELL  攻殻機動隊(1995)] – 映画無料視聴

動画情報

[ 言語 ] – 日本語
[ 名前 ] – GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
[ 監督名 ] – 押井守
[ 公開日時 ] – 1995年11月18日

公式サイト・Wikipedia

動画説明

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(ゴースト イン ザ シェル / こうかくきどうたい)は、1995年11月18日に公開された日本の劇場用アニメ映画。また、CG映像を中心にリニューアルされた『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0』が、2008年7月12日より全国5都市で公開された。Production I.G 制作。原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』。監督は押井守。

漫画の1巻を原作とする。SF小説的な内容で、アメリカではビルボード誌のビデオ週間売上げ1位となる(1996年8月24日付)。全世界でのビデオ・DVDの売上は130万本(日本経済新聞 2002年7月21日付 朝刊)。続編は2004年公開の『イノセンス』である。
2008年に、押井の新作映画『スカイ・クロラ』上映記念として、本作のリニューアル版『攻殻機動隊2.0』を上映した。『2.0』では新作カットが使用され一部が3DCGとなり、さらに全体的な色調がブルー/グリーン系から、イノセンスと同様のアンバー(オレンジ)系となった。また、音響がサラウンド(5.1ch/6.1ch)化され、キャストの一部・台詞・音楽・SEが、アメリカのスカイウォーカー・サウンドの協力のもと、リニューアルされている。 
2017年にアメリカで スカーレット・ヨハンソン主演で『ゴースト・イン・ザ・シェル』としてリメイクされた。日本では2017年4月7日に公開。

[Wikipediaより引用]

ストーリー

企業のネットが星を被い電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない近未来――。
公安9課に所属する草薙素子(通称「少佐」)は認定プログラマーの国外亡命を斡旋する外交官暗殺の任務を遂行する。後日、外務大臣の通訳が電脳をハッキングされる事件が起き、他人の電脳をゴーストハックして人形のように操る国際手配中の凄腕ハッカー、通称「人形使い」の犯行である可能性が浮上。公安9課は捜査を開始するが、容疑をかけられ逮捕された人物はいずれもゴーストハックされており、人形使い本人の正体を掴むことが出来ない。
そんな中、政府御用達である義体メーカー「メガテク・ボディ社」の製造ラインが稼動し、女性型の義体を一体作りだした。義体はひとりでに動き出して逃走するが、交通事故に遭い公安9課に運び込まれる。調べてみると、生身の脳が入っていないはずの義体の補助電脳にはゴーストのようなものが宿っていた。公安6課によって一連の捜査の概要と、その義体こそが人形使いであることが明かされる。目覚めた人形使いは自らが情報の海で発生した生命体であることを主張し、いち生命体として政治的亡命を要求しはじめる。
しかし、施設が襲撃され人形使いの義体が拉致されてしまう。公安9課は義体の奪還と並行して捜査を続けた結果、外務省による「プロジェクト2501」の存在を突き止める。義体を確保した少佐は人形使いの電脳にダイブする。そこで人形使いから融合を提案されるが、直後に2体の義体は狙撃され破壊される。破損した義体は回収され、少佐の脳殻は行方不明として事後処理される。
20時間後、子供の姿をした義体がバトーのセーフハウスで目覚める。

[Wikipediaより引用]

動画無料視聴

動画無料視聴

邦画カテゴリの最新記事