不思議の幻想郷TODは面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

不思議の幻想郷TODは面白い?世間の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

不思議の幻想郷TODの評判・感想・意見

みんなの評価

下記の「Create your own review」ボタンをクリックして、好きにレビューを書き込んでください。
閲覧する皆さんの参考になります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

TunaTopics
Average rating:  
 0 reviews

ネットでの反応・意見

ローグライクが遊びたくて購入しました。

まず東方Projectのゲームということですが、特に原作を知らないでも問題なくプレイできていますしキャラの紹介や解説など細かな補足がシステムとして組み込まれているので遊んでいるうちにキャラや特性を覚えることが出来ました。
ローグライクとしては操作性もテンポも大変良く全くストレスなく遊べています。
更にゲーム中にゲームスピードを数倍に早めることも出来るので、序盤の簡単なダンジョンなどはスピードモードに変えてガンガン飛ばしていくことも出来て繰り返し遊ぶのも苦になりません。
またチュートリアルや初心者指南もしっかり作られているためローグライク自体苦手な人でもコツを覚えてすぐ上達出来るような作りにもなっていました。
まる二日間遊んでますが一向にゲームも終わる気配がないほどボリュームも凄まじい(wiki見たらまた半分行ってるかどうかでした)
やりこみ要素もかなりあるため下手すれば今年いっぱいコレで遊んでるんじゃないかというぐらい楽しめているので、ローグライクを遊びたい人には是非オススメしたいゲームです。

Amazon

快適なシステムと豊かなボリュームを備えた不思議のダンジョン系RPGです。メインストーリーのバランスはかなりぬるめですが、任意で高難易度のダンジョンに潜ることも可能。美少女キャラクターが多い点は好き好き(イラストの質は高いです)。ADVパートはフルボイス。シナリオの雰囲気にシリアスさはなくお気楽な感じ。
ゲーム自体のボリュームはメインストーリーだけで40時間、サブシナリオや難関ダンジョンも含めれば恐らく200時間以上あります。装備のステータスMAXや、難関ダンジョンの縛りプレイ等も始めればそれ以上。それでも足りなければDLCもありますが、DLCがなくても十分すぎる分量といえるでしょう。
原作は東方projectですが、原作に関する予備知識が要求されることはありません。原作知識があればキャラクターが分かり、モンスターやアイテムの特徴が覚えやすいといった程度です。

なお、今作のパッケージ版ですが、生産が少量であったためか、現時点では定価よりも少し高くなってしまっているようです。法外な金額ではありませんし、上積みされた価格を払っても元は取れる作品だとは思いますが、パッケージにこだわりが無いのであればDL版を購入することも可能です。定価は4800円程度ですが、GWに半額程度の割引をしたこともあります。

Amazon

120時間やりました。

まずグラフィックやボイスがかわいいです。
アイテム使ったときの反応もそれぞれで細かく設定されてます。
イベントも豊富でそれを追ってるだけでも楽しいです。

本編の難易度は控えめだと思います。
私みたいなローグライク未経験者でも攻略サイトで基礎を学びながらやれば、問題なく進めるくらいにはなってます。
クリア後のやりこみダンジョンは結構難しいです。私はお助け機能全禁止ダンジョンで挫折しました。

バグらしいバグもないし、良質なゲームだと思います。
東方好きにはおすすめです。

Amazon

不思議のダンジョンライクの決定版

ふしげんTODからずっと待っててやっとでたPC版TODR、まさかSteam対応とは嬉しい限りです。

 不思議のダンジョンシリーズというと、トルネコの大冒険から始まりシレンシリーズに派生して行きましたが、不思議の幻想郷シリーズはその不思議のダンジョンシリーズのルールをベースに作成された東方二次創作ローグライクゲームです。
 その中でもTODRはふしげんシリーズ最新作ということで、不思議の幻想郷3から改良を加え続けて作成されたもので、遊びやすさはシリーズ随一となっています。
 東方二次創作であるため、東方シリーズのキャラクターが中心となりますが、原作を知らなくてもゲーム中の説明で大体わかるため、原作を知っておく必要は特にありません(知っていたほうがニヤッとできる部分はありますが)。

 不思議のダンジョンシリーズを踏襲し、ダンジョンに入るとレベル1からスタートとなるのはお約束ですが、TODRは持込可能ダンジョンであればアイテムロストはしませんので1からやり直しがキツイと思う人でも簡単にプレイできます。
 何度も潜って装備を強化して、回復アイテムや攻撃アイテムをいっぱい持ち込めば誰でもクリアできるバランスです。

 もちろん、全体を見れば持込可能ダンジョンのクリアはチュートリアルみたいなものですが、そこでつまづくことがないよう配慮されており、持込可能をクリアすることでだんだんとステップアップしていくことができる難易度設定となっています。
 そのため、特にローグライク自体が敷居が高く苦手に感じていた人にこそプレイしてもらいたい作品です。

Steam

東方入門にオススメ。キャラクター図鑑があるので東方を全く知らなくても楽しめます。二次創作ネタは勿論、古今東西様々なパロディネタ満載です。ストーリーも独立しているため、過去作品などを気にしなくて大丈夫。
決して、媚びた萌えゲーではない、非常にクオリティーの高いローグライクゲームです。

Steam

注意:本レビュー筆者は初代不思議の幻想郷からPCで遊べる作品をほぼリアルタイムで遊んできた人間なので若干の補正が入るのをご容赦ください。
前作『不思議の幻想郷TOD for PC』からの変更点を主としてレビューをしていこうと思います。

1.本作品の同封されてるストーリー部分に関して
このゲームのベースとなったものは2014年に販売された不思議に幻想郷3となっています。
実際に同封されているストーリーとしましては
不思議の幻想郷3
不思議の幻想郷3plus
不思議の幻想郷TOD(以下詳細)
 ・物部布都と7つの試練
 ・ザ・バレットリポーター
不思議の幻想郷TOD Reloaded 
となっており簡単に言うなら『不思議に幻想郷3 完全版』となっています。ですのでボリュームの方はかなりあるのでハマれる人はかなり遊べると思います。敵キャラは東方紅魔郷~東方紺珠伝までの登場。

2.『不思議に幻想郷TOD for PC』からの変更点
1. 最大4K解像度に対応しました。(UIやADVでの素材が4Kなのでフルスクリーン時に出力される)
デフォルトの1920×1080 windowsモードからフルスクリーンにするには ALT+Enter で可能です。
解像度を細かく変更する機能はシリーズ通してありませんのであまり怒らないであげてください。 要望が多ければサークルさんが実装してくれるかもしれません。
2.フレームレート上限が144fpsに対応
以前のシリーズまでは60fpsが上限でしたが今作では144fpsで動作しています。(自分の環境では)

3.価格に関して
他の東方二次創作ゲームと比較したらかなり高いと感じるかもしれません。これは先に販売されたCS版(PS Vita・PS4・Switch)にある程度合わせる必要があったからとのこと(それでもぶっちぎりでPC版は安いです)
CS版もセールをわりと頻繁にする傾向でそれに合わせてPC版もセールする流れになると思うのでその時に買うのも良いかもしれません。

あまりゲームの良し悪しについては記述せずにレビューをさせていただきました。
ボリュームに関しては約5年分の集大成とも言える作品なので申し分ないと思います。
現在、開発中の『不思議の幻想郷 ロータスラビリンス』にも期待。(主にSteam版)

Steam

まとめ

東方を知らなくも大丈夫。 萌えゲーではなく本格的な 不思議なダンジョンゲーム。 昔、トルネコをアホほどプレイしてたなぁ。

不思議の幻想郷TODとは?基本情報まとめ

遊びきれないほどの圧倒的ボリュームで中毒性の高いダンジョン探索RPG、
ふし幻シリーズの最新作『不思議の幻想郷TOD -RELOADED-』がSteamで登場!

本作は同人ゲーム「東方Project(制作:上海アリス幻樂団)」を題材にしたファンゲームで、
遊ぶ度に何度もダンジョン構造や落ちてるアイテムが変化する「ダンジョン探索RPG」です。

初心者から上級者まで遊びやすい操作性と判りやすいシステムで遊びつくそう。
そして東方キャラクターたちと共に「謎のゴールドスフィア」をめぐる、
幻想郷で起きた数々の異変に挑もう!
【ストーリー】
その日、幻想郷は急な豪雨に襲われていた。
雨宿りのため、香霖堂に立ちよった博麗霊夢だったが、彼女はそこでトラブルに巻き込まれてしまう。
店主である森近霖之助が、豹変して襲いかかってきたのだ。

その圧倒的な力の前に、為す術もなく敗北してしまう霊夢。

命からがら博麗神社へと逃げ帰った彼女だったが、そこで待っていた茨木華扇の命により、 ふたたび香霖堂へと向かうことになるのだった。

今、「ゴールドスフィア」をめぐる、新たな異変の幕が切って落とされる。
【本作の特徴】
◆初心者にこそ勧めたい、ライトだけどディープなゲーム性!
負けたらすべてを失うダンジョン探索RPGなんてもう古い!?
「博麗霊夢」が異変解決へと挑むストーリーダンジョンは、「どんなに負けても装備やアイテムを失いません」
何度倒れても挑む度にアイテムや装備が集まり、そして自分のテクニックも自然とレベルアップします。
そしていつでもどこでもアイテムを鍛えたり作り出せる「にとフュージョンシステム」で、お気に入りの装備を強化し続けたり、ダンジョンで常に一緒に戦ってくれる「物部布都」を始めとした「数々の心強いパートナー達」が支え続けてくれます。
初めて遊ぶ人もダンジョン探索RPGの緊張感や楽しさを常に感じつつ、気がついたらベテランユーザーの仲間入りとなっているはずです!

◆ベテランユーザーへ、圧倒的なボリュームと数々のやりこみ要素!
もちろんダンジョンRPGベテランユーザーのために、「持ち込み不可未識別ダンジョン」も多数存在します。
この「99階持ち込み不可未識別」こそ「ローグライク絶対聖域」として本作にも存在しており、ストーリーダンジョンと違いやりごたえのある骨太の難易度が待ち構えています!
さらにダンジョンだけではなくやり込みでハマれる要素も盛りだくさん。
装備品はレベルアップすることで新たな装備へと成長し、その装備品はなんと全て見た目が変化しその数は700個以上!
装備は強さだけではなく集めて眺めるだけで楽しくなります。
またゲーム内実績「博麗戦記」が様々なやりこみ要素に応じて解禁され遊びつくせる内容となっています。

◆個性豊かな東方キャラクター
東方Projectのファンゲームとしても敵味方含めて約120キャラ以上登場し、原作の「東方紅魔郷」から「東方紺珠伝」までのキャラクターがすべて登場!
原作で見た個性豊かな能力や特徴が頼もしいパートナーから手強い敵まで、本作に合わせた形で絶妙に再現されています。

さぁ今こそ、その不思議を探しに行こう!

PlayStore

配信日 2018年10月26日(Steam)
ジャンル ダンジョン探索RPG
発売元 AQUASTYLE
公式 特設サイト

ゲームの評判カテゴリの最新記事