スイッチのDEEMO (ディーモ)の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

スイッチのDEEMO (ディーモ)の評判や感想・レビューをまとめて評価してみた

DEEMO (ディーモ)の評判・感想・意見

みんなの評価

下記の「Create your own review」ボタンをクリックして、好きにレビューを書き込んでください。
閲覧する皆さんの参考になります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

TunaTopics
Average rating:  
 0 reviews

おもしろい・神ゲーなどの高評価な意見

switchのDL版はかなり前に発売されていて、アプデを繰り返し、200曲以上が収録されており、内容はパッケ版も今のところ同じです。私はパッケ派なので、多少値段が高くなりますが再度買い直しました。

この発売を機に、ニンテンドーラボピアノToy-conとの連携が可能になるアプデがされました。
それ専用の曲が準備されており、今後も増えていく予定だそうです。

このゲームの曲は全体的に多彩な中、繊細な曲が多く、ただの音ゲーではなく切ないストーリーがあります。

難点を挙げるとすれば、ラボのピアノだけを単体で買えないため、バラエティキットを買わなければ連携プレイができないことです。
せっかくマリオカートToy-conにもバイクや車が対応したことですし、単体販売してほしいところですね。

Amazon

とりあえず、買った者のレビューをすると、三千円というコスパの割にDeemoの曲が全曲入っていてその点については高評価だ。しかも操作性(ピアノ音)は正直スマホよりいいと思う。
結論
持ち運び等のデメリットを除けば、買って良かった!

Youtube

switchで出るとは予想外…
これは買うしかねえだろおおお
(switch持ってないけど…)

Youtube

ここ何ヶ月かでdeemoハマったんだけどまさかスイッチで出るとは!
感動😭
見た時えっ!?って口に出してしまった笑
共感できる人いる?

Youtube

つまらない・クソゲーなどの低評価な意見

欲しいが…3000円かぁ…。
アプリ版に比べると結構高いけど…今後無料アップデートで曲が増えてくなら…ってとこかな。
ストーリーはアプリ版と変わるのかな…。

Youtube

スイッチ持ってないwでも販売は嬉しいです!deemoだいすきなので。でもちょっと心配なのが、キッズわきそうw「俺こんなおされなゲームやってんねんwww」とか言いそうすごいやだぁ

Youtube

まとめ

スマホアプリからの移植ですがスイッチならではToy-Conでのプレイがめちゃくちゃ楽しそう。
スマホアプリと比較されてソフトが高いとの声もあるけど普通にスイッチのソフトとしてはかなり安い部類。

DEEMO (ディーモ)とは?基本情報まとめ

『Deemo』(ディーモ)は、Rayarkが開発したスマートフォン用音楽ゲーム。2013年11月14日にiOS版、同年12月28日にAndroid版、2014年4月17日にauスマートパス向けアプリ『Deemo for au』が配信された。

音楽ゲームとしては珍しく、ストーリーが用意されている[1]。ある日、ピアノを弾く謎の人物「Deemo」の元に空から「少女」が落ちてくる。Deemoはピアノの音色によって伸びる木を成長させて少女を元の世界に戻そうとする、というストーリーである。

プレイヤーは、画面奥から流れてくるノームを画面下にあるラインに合わせてタップしていく[1]。黄色のノームはなぞることでも演奏成功となる。正しいタイミングでタップすると「Charming Hits」、少し外れると「Hits」、大きく外れるとミスとなる[1]。ミスしても途中で楽曲が終了することはなく、「Charming Hits」を65%以上取るとクリアとなる[1]。プレイ終了後の評価に応じて木が成長する[2]。

楽曲は最初は1曲しか選べず、木の成長や追加楽曲パックの購入により増えていく[1]。

参加アーティストは主に台湾の人物だが、日本からもゲーム「ファイナルファンタジーシリーズ」のBGM担当者である植松伸夫が率いるバンド「EARTHBOUND PAPAS」や、メタルバンド「地獄カルテット」のギタリストである小林信一、アーティスト集団のMili(ミリー)が参加している[1]。

一部の楽曲は本作品と同じくRayarkが開発した『Cytus』のアレンジ版となっている[1]。各楽曲にはそのバックボーンを表すイラストが設定されている[3]。

音楽のジャンルは様々だが、いずれの楽曲もピアノをフィーチャーしており[1]、プレイにおいては鍵盤を見ずにピアノを弾いているかのような感覚が得られる[4]。

Wikipedia

「さよならも言わずに、消えてしまわないで。」Nintendo Switchで紡がれる、ピアノをモチーフにした、ファンタジーリズムゲーム。

【ストーリー】
主人公・Deemo (ディーモ) は、城で独りピアノを奏でる謎の存在。
そんな孤独な彼のもとに、ある日突然、空から記憶喪失の少女が舞い降りた。
少女を上の世界へ帰してあげたいと悩むDeemo。その時彼は、ピアノを弾き、曲を聴かせると成長する不思議な芽があることに気がついた。
その芽が木となり、天井の窓まで届くほどに育てば、少女を元いた世界に帰すことができるかもしれない。
少女との触れ合いの中、人の温かさを知ったDeemoと記憶を取り戻した少女が迎える結末とは?
これは2人の、不思議で少し切ない物語——。

【ゲームシステム】
日本・台湾のクリエイターにより生み出された様々なジャンルの楽曲を200曲超収録。
音楽ゲームに慣れている人に限らず、あまり慣れていない人でも、
自分のスキルに合わせて全楽曲を存分に楽しんでプレイできるように、
楽曲の難易度は[Easy][Normal][Hard]の3種類から選択することが可能です。
*一部の楽曲には[Hard]よりさらに難しい[Extra]難易度が用意されています。

【操作方法】
「DEEMO」はピアノをモチーフにしたリズムゲーム。
流れてくるノーツが下のラインに重なったタイミングでタッチすることで演奏をすることが出来ます。
演奏パートでは、画面奥から沢山のノーツが流れてきます。
ノーツが画面下の判定ラインと重なったときにタッチすることで、スコアを獲得することが出来ます。
ノーツは楽曲のメロディやリズムに合わせた配置で流れてくるので、
ノーツに合わせて正確にタッチすることで、まるで自分が演奏しているかのように楽しむことが出来ます。

Amazon

発売日 2018年10月25日
ジャンル ファンタジーリズムゲーム
開発元 Flyhigh Works
公式 Flyhigh Works

ゲームの評判カテゴリの最新記事