ホーム

WHY

なぜスポーツが成長によいのか?

スキャモンの成長曲線では、12歳ごろに神経系(特に運動神経)がピークを迎えます。

そのタイミングに合わせ、すぽーつ塾で運動をはじめることにより神経系の発達がめざましく高い効果が期待されます。

当塾では、短時間で結果が出せるようにマンツーマンでレッスンを行い、
スポーツを通して好奇心を育てたいと考えています。

そのため、お身体の弱い部分や使いづらい部分があるお子様には、その部分を使えるようにサポートし、今までできなかったことをできるように目指して、教えていきます!

Future

しおのすぽーつ塾の特徴

当塾は、医療事業からスタートしているため病気やケガに対して強く、 鍼灸師や柔道整復師など国家資格を持つスタッフが常駐していますので、万が一の時にも安心です。



他の子供より発育が遅いのでは?』
『ボールの投げ方が上手じゃない』
『運動が苦手みたい』 など、

大切なお子様だからこそ、ほかの子と比べてしまったり、少し差があるだけで心配になったりしますよね。

当塾では、一人ひとりの個性を伸ばせるよう医療水準の目でレベルの高い運動を教えており、どの子にも安心して活動できる場を提供しています。

Training

当塾のトレーニング内容

なによりも楽しいことが1番!

子供たちそれぞれに合わせてトレーニングをします。その日の気分や体調に合わせメニューを随時変更し調整します。

肩甲骨と骨盤の動きを見ながら連動させるような動きを作っていきます。

時にはフラッシュカードも使い脳にも汗をかいていただきます。

トレーニングというよりは楽しいを優先させ、気がつけば伸びていると感じていただけると思います。

子供たちに合わせた内容ですが、不安な方も一度体験に来てみてください。簡単な動きですので安心していただけるかと思います。

Instructor

当塾のトレーナー紹介

南 聡司


当塾のスーパートレーナー。
小学5年生からサッカーを始める。社会人チームに所属し、ジムに通いバーベル等を使いハードなトレーニングを続ける。ただ、ケガが絶えずトレーニングに疑問を感じる。40歳頃に初動負荷トレーニングに出会い、肩甲骨と骨盤の連動性によるトレーニングをしていくことでケガが減りサッカーの技術も上達した。
その後サッカーチームを立ち上げ子供達にサッカーの指導を始める。身体の表面の筋肉ではなく骨の近くの筋肉(インナーマッスル)を動かすことで姿勢がよくなり、関節の可動域が広がることで子供たちの可能性が広がっていくことを身を持って体験する。
チームの指導と並行し、トレーナーとしても活躍。スポーツ選手やダンサーからお年寄りの転倒防止まで幅広く指導している。
これまでの知識と経験を活かして当塾でのトレーニングメニューの考案や指導などを行うスーパートレーナー。

河南 由希子


小学生から大学時代まで剣道に励み、中学時代はバスケ部に所属。
体育教員免許を取得後、特別支援学校で勤務。今年の春、結婚を機に退職し当塾へ。
支援学校では生徒から人気ナンバーワン教師だったこともうなずける
抜群の明るさと笑顔がチャームポイント。
Access

アクセス

〒 540-0036 大阪市中央区船越町2-2-16ベルメゾン101

天満橋各駅徒歩3分 地下鉄谷町4丁目駅 徒歩5分

TEL06-6920-1188

谷町福祉会 しおのすぽーつ塾